用語集

仮想通貨に関連する用語を解説しております

二重支払い

二重支払いとは、すでに使用したビットコインを再び使用することです。ビットコインの取引は秘密鍵を持っている人が署名しなければ使えないのでコインの不正使用は防ぐことができますが、秘密鍵を持っている人が同じコインを2つの取引で使用することを防げません。ビットコインはブロックチェーンとプルーフ・オブ・ワークを導入することにより、二重支払いを防ぐ仕組みとなっています。

ブロック生成時に二重支払いの取引ははじかれるため承認された取引は二重支払いの可能性が劇的に減ります。ただ孤立ブロックとメインチェーンのブロックで二重支払いになる可能性はあります。これが6承認が推奨される理由です。

また悪意がなくてもトランザクション展性という攻撃により普通の取引が2重払いになってしまうケースがあります。ただしこの場合は意味的には全く同じ意味の取引が生成(トランザクション展性)されるので大きな脅威ではありません。

二重払いのコインをもとに作成した取引も同様に無効なので自分の使用するコインは6承認を得たものにするべきです。

悪意を持ったプログラマーは二重支払いを意図的に起こすことが可能です。そのため事業者は二重払いを防ぐ方法を実装することが重要です。