用語集

仮想通貨に関連する用語を解説しております

ターゲット

difficulty(採掘難易度)の算出元となる256ビットのデータであり、採掘時に探索することになるブロックヘッダーのハッシュ値(プルーフ・オブ・ワーク)の上限値のことです(つまりこの値より小さなHash値を見つける競争を行うことになります)。ターゲットが「低い」ほどdifficultyは高くなります。ビットコインでは、 2016ブロック(2週間)ごとにターゲットが調整されます。採掘時の指標となるdifficultyは単純に最大のターゲットを現在のターゲットで割った値になります。