用語集

仮想通貨に関連する用語を解説しております

SegWit

隔離署名 (SegWit) とは、トランザクション展性を修正するために BIP 141 等で提案された Bitcoin プロトコルへの変更で、トランザクション ID の算出対象からトランザクションに対する署名を削除します。代わりに、トランザクションから独立した署名領域 (Witness) を用いて署名をおこないます。これにより、署名に特別な細工を施した場合であっても、トランザクション ID が変化することがなくなります。

SegWit は、ブロックの大きさに関する制限も緩和します。具体的には、次の式によって定義されるブロックの重み (Block weight) を新たに導入し、これを 4MB までに制限します。

Block weight = Base size * 3 + Total size

ここで Base size は、署名領域を含めずにトランザクションをシリアライズした場合のバイト数、すなわち従来のシリアライズ方式によるブロックの大きさとし、Total size は、署名領域を含めてシリアライズした場合のバイト数とします。

これにより、理論上のブロックの最大の大きさは 4MB 近くになりますが、実際にはブロックの平均の大きさは 1.7MB 程度になるだろうと推測されています。