用語集

仮想通貨に関連する用語を解説しております

孤立ブロック(オーファンブロック)

採掘(マイニング)を行うことで新しいブロックが生成され、既存のブロックチェーンの一番後ろに追加されます。しかし別々の採掘者が別のブロックをそれぞれ追加してしまうことがあります。

その場合にブロックチェーンが枝分かれすることになります。そして次のブロックはそのどちらかの枝に追加されていきます。

ビットコインでは一番長い枝をメインチェーンと呼び、メインチェーンのブロックを正当なブロックとみなします。ですのでメインチェーンでないほうのブロックは正当ではなくこれを孤立(オーファン)ブロックと呼ぶのです。

では孤立ブロックに入ってしまったトランザクションはどうなるのでしょうか?

心配はいりません。悪意なく作ったトランザクションはたとえ孤立ブロックに入ったとしても、同時にメインチェーンにも入ります。

ただしもらう場合は注意が必要です。もらったコインがちゃんとメインチェーンにあることを確認しないとそのコインを使用した支払いも無効になる恐れがあるからです。

ビットコインで6承認を得てから確定とみなすのはそのトランザクションがメインチェーンにあることを保証し、上記のようなことを防ぐためなのです。