用語集

仮想通貨に関連する用語を解説しております

P2P(ピアツーピア)

中央サーバを用意せず個々の端末(Peer)がお互いに信頼しあうことで成立するネットワークのことです。

一般的にサーバーを用意して、そこに各PCが繋ぎに行くクライアント・サーバー方式と対比されます。P2Pの端末(Peer)は一般的なPC、ノートブックでもサーバーでも良くノード(Node)と呼ばれることもあります。端末は他の端末に繋いで情報を交換する、もしくは他の端末のリクエストに応えて情報を共有します。

P2Pはファイル共有ソフトなどで有名になりましたが、近年は仮想通貨で再注目されています。

ビットコインはP2P方式でデータを交換します。そのため特定の管理者を置くことなく安定した運営が可能になっています。しかしその代わりにデータの整合性を担保するのが難しくなります。

そしてビットコインが画期的だったのはこの整合性の解決のために、ブロックチェーンという仕組みを導入したことでした。