用語集

仮想通貨に関連する用語を解説しております

ビットコインアドレス

ビットコインアドレスとは、ビットコインを利用するに当たっての「口座番号」のようなものです。ビットコインアドレスは、1または3から始まる27~34文字の英数字からなっており、公開鍵から生成されます。

ビットコインを送付する際には送付先のビットコインアドレスを指定します。また送付もとのビットコインアドレスの秘密鍵を保持していないと送付することが出来ません。

ビットコインアドレスの例:1BitQEtcoxAnViwUYX9k6KupmmsEfWrGnr

標準のビットコインアドレスは1で始まり、よりセキュリティーの高いマルチシグアドレスは3で始まります。bitFlyerではマルチシグアドレスを無料で手に入れることができます。

なおビットコインアドレスはBase58と呼ばれるフォーマットになっています。Base64というのはWebの世界では有名ですが、それと同じようにバイナリデータを58文字で表現するフォーマットです。

Base64との違いはl(小文字:エル)と1(数字:いち)のように間違えやすい文字を除外していることです。例えば小文字のエルは使用できません。

ビットコインアドレスから公開鍵(秘密鍵)を知るすべはないので極端な例としては秘密鍵なしでもビットコインアドレスを作成できます。例えば次のようなビットコインアドレスも有効です。

1BitCoinDescriptionAddressadTvGDH

このビットコインアドレスに実際に支払うことができます。(誰もこのビットコインアドレスの秘密鍵を持っていないので二度と取り出せませんが)