用語集

仮想通貨に関連する用語を解説しております

Bitcoin Unlimited(BU)

Bitcoim Unlimited (BU) は、現在のビットコインのプロトコルに存在する最大 1MB というブロックの大きさに関する制限を緩和した仕様です。BU の目的は、ビットコインネットワークにおけるトランザクション処理量にかかるスループットの向上にあります。この点において、Bitcoin XT と類似しています。

BU は、Bitcoin XT と異なりあらかじめ固定されたブロックの大きさを想定しておらず、代わりにマイナーや検証ノードに対して複数の調整可能な構成設定を持たせることにより、挙動を調整できるようにします。具体的には、BUIP001, 002, 005 において次の 5 つの構成設定を定義しています。

1.採掘時に生成するブロックの最大の大きさ (MG) は、マイナーが生成するブロックの大きさの上限を設定します。(既定値は 1MB)

2.過大とみなすブロックの大きさ (EB) は、マイナーや検証ノードがブロックの却下を判断する大きさを設定します。EB を超える大きさのブロックは、これらのノードによって即座に却下されます。換言すれば、ノードが受け入れるブロックの大きさの最大値となります。(既定値は 16MB) この設定の存在により、ブロックチェーンの短期的な分岐を生む可能性があります。

3・強制的に受理する深さ (AD) は、EB の設定値を超える大きさのブロックが生成された場合であって、このブロックを受理するために必要な承認の数を設定します。この設定は前述の分岐の問題を解決するために存在し、AD で指定されたブロック数の承認が得られれば EB より大きいブロックであっても強制的に受理することで、短期的な分岐を解決します。

4.将来生成するブロックの大きさ (FGS) は、マイナーが将来採掘すべきブロックの大きさを提案します。この提案は、マイナーが生成するブロックに含められ、将来の MG 設定値に関する投票として機能します。

5.ブロックの高さの提案 (ABH) は、前述の FGS の大きさでブロックの生成を始める高さを表明します。常に 12,000 の倍数になります。